金属と電線の統合が映す日立製作所のあり方

”御三家”の2社も合併へ

連結売上高9兆円超、連結従業員数約32万人――。国内総合電機トップで幅広い事業領域を持つ日立製作所。900を超える連結子会社で、”御三家”と言われる中核企業が、日立金属、日立電線、日立化成工業の3社である。その御三家のうち2社が合併に向けて動き出した。

日立金属と日立電線は11月13日、2013年4月の経営統合に向けて基本合意したと発表した。国際競争の激化や内需縮小が進む中、両社がもつ技術力や国内外の販売拠点を有効に活用し、材料メーカーとして競争力強化を目指す。

2社は来年1月上旬をメドに合併契約を締結し、4月1日に日立金属を存続会社、日立電線を消滅会社とする吸収合併方式で経営統合する計画だ。合併に当たっての株式割当比率については、第三者機関の評価を踏まえて両社の協議の上で決定する。新会社の社名や役員構成など、詳細は今後、詰める。

日立電線は市場縮小に苦戦

日立金属は産業インフラ、自動車、電機向けなどに幅広く製品を展開する特殊鋼メーカー。今13年3月期は、中国経済の減速などを受け、小幅減益を余儀なくされる見通しであるものの、アモルファス金属材料やネオジム磁石など、複数の高シェア製品を抱えている。

一方、日立電線は電線業界4位。足元では主力の電機・半導体向け需要が減少しており、国内の建設・電線向けも市場の縮小が続く見通しであるなど、取り巻く事業環境は厳しい。11年から12年にかけては、光海底ケーブルや国内の銅管事業から撤退。11年度は国内で1600人の早期退職を実施したほか、さらに600人を追加募集する計画で、事業構造を抜本的に見直している。

次ページ御三家の3社統合はありうる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT