王者レスター、ホーム最終戦を勝利で飾る

岡崎慎司選手は先発、後半途中までプレー

 5月7日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、岡崎慎司が所属する今季王者のレスターはホーム最終戦でエバートンに3─1で快勝した。写真中央は試合後、優勝トロフィーを掲げる岡崎(2016年 ロイター)

[ロンドン 7日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは7日、各地で試合を行い、岡崎慎司が所属する今季王者のレスターはホーム最終戦でエバートンに3─1で快勝した。岡崎は先発し、後半途中までプレーした。

レスターのジェイミー・バーディーが2得点をマーク。今季リーグ戦24得点とした。チームは試合後に行われたセレモニーで優勝トロフィーを掲げ、全員で喜び合った。また、この日は無料のピザとビールがファンに振る舞われた。レスターは最終戦では敵地でチェルシーと対戦する。

このほか、サンダーランドはチェルシーを3─2で下し、17位に浮上。降格圏を脱出した。5位マンチェスター・ユナイテッドはノーリッジに1─0で勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。