ドル円105円台突入、約1年半ぶりの円高

2014年10月以来、豪中銀の利下げで

 5月3日、ドルが対円で下落し、一時約1年半ぶりに106円を割り込んだ。都内で2011年撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[シンガポール 3日 ロイター] - 3日の外国為替市場でドルが対円で下落し、一時約1年半ぶりに106円を割り込んだ。オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)の利下げを受けて、円が豪ドルに対して急上昇したことが背景。

ドル<JPY=>は一時2014年10月以来の安値となる105.91円をつけた。

豪ドル/円<AUDJPY=R>は1.5%安の80.36円。

人気記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。