ソニー、「エレキ5年ぶり黒字化」でも残る心配

デバイス分野は赤字に転落

2016年3月期の連結売上高は前年比1.3%減の8兆1057億円、営業利益は同4.2倍の2941億円だった。エレクトロニクス5分野合計では5年ぶりの営業黒字となった。最終損益は前年の1259億円の赤字から1477億円の黒字に転換。最終損益は、一時的な要因で黒字化した2013年3月期を除くと2008年3月期以来8年ぶりの黒字となる。

吉田副社長はこの背景について「ソニーのブランド商品が元気になってきた。チームでの商品力、販売力の強化がある程度の成果を出してきた」と分析した。

スマホは低成長前提に

だが、デバイス分野では286億円の営業赤字(前期は890億円の営業黒字)に転落、暗い影も落とした。

吉田副社長はイメージセンサーについて「需要を大きく読み違えた」と述べ、本格的な需要の回復は2016年度下期になると予想。スマートフォン市場については「低成長のステージに入ってきた」として、それを前提に事業を構築する必要があるとの認識を示した。

大規模な減損に追い込まれたカメラモジュールに関しては「あるべき事業規模を再検討している」ことを明らかにした。

 

(志田義寧 編集:山川薫)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT