ソニー、「エレキ5年ぶり黒字化」でも残る心配

デバイス分野は赤字に転落

 4月28日、ソニーのの吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)は決算会見で、熊本地震の影響について「現時点ではまだ見積もることはできない」と述べ、5月24日に公表する方向で準備を進めていることを明らかにした。写真は都内で2015年4月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - ソニー<6758.T>の吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)は28日の決算会見で、熊本地震の影響について「現時点ではまだ見積もることはできない」と述べ、5月24日に公表する方向で準備を進めていることを明らかにした。

熊本工場が地震の影響で停止

同社は熊本工場(熊本県菊陽町)でイメージセンサーなどを生産しているが、地震の影響で生産設備等が損傷、生産を一時停止している。

吉田副社長は「生産停止が一定期間継続することにより、主にデバイス分野とイメージング・プロダクツ&ソリューション分野において多額の機会損失が生じる可能性がある」と指摘。また、この生産停止や一部サプライヤーの工場被災により、スマートフォンやゲームなど他の事業にも影響が及ぶ可能性があるとの認識を示した。

吉田副社長は「地震保険の保障額の上限は200億円だが、今回の地震によって生じる損失のすべてをカバーできない可能性がある」と語った。

同社は5月24日に業績予想を発表する予定で、「長期的な影響があるかどうかも精査して、24日にできるだけ答えられるように準備を進めたい」という。

次ページエレキが5年ぶりに営業黒字
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT