ミレニアル世代の若者、賃金格差埋められず=米NY市が報告書

米ニューヨーク市が報告書

 4月25日、ニューヨーク市の報告書によると、2007─09年のリセッション以降に就職した若者はそれ以前の世代に比べ賃金が低く、格差を埋められない可能性がある。写真は2008年1月、タイムズスクエアに流れたニュース見出し(2016年 ロイター/Jeff Zelevansky)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米ニューヨーク市の報告書によると、2007─09年の米景気後退期(リセッション)以降に市内で就職した「ミレニアル世代」の若者は、それ以前の世代に比べて賃金水準が低く、職業人生の最後までその格差を埋められない可能性があるという。

1985─96年生まれと報告書で定義されたこの世代は、高所得とされる金融や法律関係の職がなく、接客や小売りなど低賃金の求人が急増していた時期に、社会人となった。そのため、上の世代に比べて平均所得が20%低い水準にとどまっている。

景気後退期に就職すると、何年にもわたって低賃金や、社会的評価の低い仕事に甘んじる傾向があり、幸福度も低いことが学術調査で判明している。同市の報告書はさらに踏み込んで、2010年以降は「財政赤字の抑制」が国民の関心事となったため、「21世紀に入って成人を迎えた世代に、大きな負担を強いることになった」との見方を示した。

*本文中の誤字を修正しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT