イー・アクセス出資引き下げ構想認める

孫社長「買収する前から考えていた」

 

9月に発売されたアイフォーン5に関しては、さまざまな調整でソフトバンクのアイフォーンはKDDIより電池の持ちがよくなったとアピール。販売面でも、当初はテザリング非対応などでリードを許したが、下取りなどのキャンペーンや在庫を確保できてきたことで、直近では巻き返しているとした。

また、国内の電波状況について「米国スプリント社を買収したことで、国内のネットワーク品質をなおざりにはしない」とし、設備投資計画の前倒しを表明。高速通信サービス「LTE」でも、26日に実施した調査(乗降客の多い全国のJR1000駅で電波状況を調べた)でKDDIのアイフォーンと比較し、つながる駅の数、通信速度の両方でKDDIを上回ったとしている。

買収を決めた米国スプリント社に関しては、「足元の契約数の減少は合併前の旧ネクステルで来年に停止するサービスの影響。スプリント自体は大幅に契約数を伸ばし、ARPUも伸びている。赤字幅の拡大はネクステルの設備を加速償却しているため。今はバウンドの出端だ」と力を込めた。今後は設備投資を加速し、ソフトバンク流の戦略で業績を改善させる方針だ。ただ、具体的な戦略に関しては、従来通りノーコメントとした。

(田邉 佳介 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。