宇宙からロンドン・マラソンに参加し「完走」

イギリスの飛行士がISSで初の達成

4月24日、国際宇宙ステーションに滞在中の英国人宇宙飛行士、ティム・ピークさん(写真)がロンドン・マラソンに宇宙空間から初めて「参加」し、完走を果たした。20日撮影(2016年 ロイター/Peter Cziborra)

[24日 ロイター] - 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の英国人宇宙飛行士、ティム・ピークさん(44)が、24日に行われたロンドン・マラソンに宇宙空間から初めて「参加」し、完走を果たした。

ピークさんは、レーススタートに合わせステーション内でランニング装置を使用。タブレット端末でロンドンの通りをリアルタイムで見ながら、地上の3万7000人以上の参加者とともに走ったという。

タイムは3時間35分21秒。1999年に地上で参加した際の記録は、3時間18分50秒だった。

ピークさんは、レース開始のカウントダウンもビデオ映像を通じて行った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT