宇宙からロンドン・マラソンに参加し「完走」

イギリスの飛行士がISSで初の達成

4月24日、国際宇宙ステーションに滞在中の英国人宇宙飛行士、ティム・ピークさん(写真)がロンドン・マラソンに宇宙空間から初めて「参加」し、完走を果たした。20日撮影(2016年 ロイター/Peter Cziborra)

[24日 ロイター] - 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の英国人宇宙飛行士、ティム・ピークさん(44)が、24日に行われたロンドン・マラソンに宇宙空間から初めて「参加」し、完走を果たした。

ピークさんは、レーススタートに合わせステーション内でランニング装置を使用。タブレット端末でロンドンの通りをリアルタイムで見ながら、地上の3万7000人以上の参加者とともに走ったという。

タイムは3時間35分21秒。1999年に地上で参加した際の記録は、3時間18分50秒だった。

ピークさんは、レース開始のカウントダウンもビデオ映像を通じて行った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。