米国の経常収支は改善へ

米国シェール革命と日本《2》

 

ただ、今の円高は市場の安全志向やFRBのQE3の影響が大きく、今後も短期的にはそうした要因のほうが強い状況が続く可能性が高い。

米国の景気については来年後半が転換点と見ている。市場で懸念されている「財政の崖」は年末が期限であり、来年から財政引き締めとなる予定だが、来年前半には減税措置の一部延長などで決着し、政策の不透明感が薄れていくだろう。

その結果、来年後半からは景気拡大が加速すると見られることから、当社はFRBがQE3を来年半ばまで継続すると予想している。こうしたなか、ドル安円高の反転が起きやすくなると見ている。シェール革命の影響としては、より中長期的なものとしてドル高を後押しすることになろう。   

(中村 稔 =東洋経済オンライン)                                   

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。