ソニー、15年度利益予想を300億円下方修正 

スマホ部品減速で

 4月21日、ソニーは、2016年3月期の連結営業利益予想を従来の3200億円から2900億円に下方修正したと発表した。写真は3月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 21日 ロイター] - ソニー<6758.T>は21日、2016年3月期の連結営業利益予想を従来の3200億円から2900億円に下方修正したと発表した。スマートフォン需要の成長鈍化を反映し、スマホ向けのカメラモジュール事業について16年1─3月期に減損596億円の営業損失を計上することが主因。

テレビやデジタルカメラなどの費用削減効果に伴う増益要因がある一方で、大半がスマホに搭載されるカメラモジュールなどデバイス分野の業績悪化や、金融分野における金利の低下などの減益要因があり、連結全体として見通しを引き下げた。

税引き前利益も3450億円から3000億円に予想を引き下げた。為替差損が1月時点の想定に比べ増加する見込みのためとしている。

*見出しに文言を追加して再送します。

 

 

(浜田健太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT