ソニー、15年度利益予想を300億円下方修正  スマホ部品減速で

印刷
A
A
 4月21日、ソニーは、2016年3月期の連結営業利益予想を従来の3200億円から2900億円に下方修正したと発表した。写真は3月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 21日 ロイター] - ソニー<6758.T>は21日、2016年3月期の連結営業利益予想を従来の3200億円から2900億円に下方修正したと発表した。スマートフォン需要の成長鈍化を反映し、スマホ向けのカメラモジュール事業について16年1─3月期に減損596億円の営業損失を計上することが主因。

テレビやデジタルカメラなどの費用削減効果に伴う増益要因がある一方で、大半がスマホに搭載されるカメラモジュールなどデバイス分野の業績悪化や、金融分野における金利の低下などの減益要因があり、連結全体として見通しを引き下げた。

税引き前利益も3450億円から3000億円に予想を引き下げた。為替差損が1月時点の想定に比べ増加する見込みのためとしている。

*見出しに文言を追加して再送します。

 

 

(浜田健太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT