ソニー、15年度利益予想を300億円下方修正 

スマホ部品減速で

 4月21日、ソニーは、2016年3月期の連結営業利益予想を従来の3200億円から2900億円に下方修正したと発表した。写真は3月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 21日 ロイター] - ソニー<6758.T>は21日、2016年3月期の連結営業利益予想を従来の3200億円から2900億円に下方修正したと発表した。スマートフォン需要の成長鈍化を反映し、スマホ向けのカメラモジュール事業について16年1─3月期に減損596億円の営業損失を計上することが主因。

テレビやデジタルカメラなどの費用削減効果に伴う増益要因がある一方で、大半がスマホに搭載されるカメラモジュールなどデバイス分野の業績悪化や、金融分野における金利の低下などの減益要因があり、連結全体として見通しを引き下げた。

税引き前利益も3450億円から3000億円に予想を引き下げた。為替差損が1月時点の想定に比べ増加する見込みのためとしている。

*見出しに文言を追加して再送します。

 

 

(浜田健太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。