ソニー半導体熊本工場、生産再開できず

デジカメ向け主体、iPhone向け工場は再開

4月18日、ソニーは熊本県での地震により製造ラインが止まった県内の半導体工場(菊陽町)は引き続き生産を停止していると明らかにした。都内で2014年11月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - ソニー<6758.T>は18日、熊本県での地震により製造ラインが止まった県内の半導体工場(菊陽町)は引き続き生産を停止していると明らかにした。同工場は主にデジタルカメラや監視カメラ向けの画像処理用半導体(イメージセンサー)を生産。生産再開は依然として未定だという。

工場の建屋や装置の被害状況を確認している。2016年度業績への影響は精査中だという。

スマートフォン向け同センサーの主力工場(長崎県)は17日に生産を再開。米アップル<AAPL.O>など主要なスマホメーカーへの供給に影響は生じないもようだ。同様にイメージセンサーを生産している大分市の工場も17日に生産を再開した。

 

(浜田健太郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT