セブン&アイ、井阪氏の社長就任を承認

指名・報酬委員会で決定、19日に取締役会

 4月15日、セブン&アイ・ホールディングス は、取締役会任意の「指名・報酬委員会」を開き、新しい経営体制について協議した。関係筋によると、井阪隆一セブン―イレブン・ジャパン社長兼最高執行責任者(COO、58)がホールディングスの社長に就任する人事案を承認した。19日の取締役会で決議したうえで、5月下旬の株主総会を経て正式決定することになる。写真は都内で6日撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 15日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は15日、取締役会任意の「指名・報酬委員会」を開き、新しい経営体制について協議した。関係筋によると、井阪隆一セブン―イレブン・ジャパン社長兼最高執行責任者(COO、58)がホールディングスの社長に就任する人事案を承認した。19日の取締役会で決議したうえで、5月下旬の株主総会を経て正式決定することになる。

指名委員会で承認した人事案によると、後藤克弘取締役・最高管理責任者(CAO)(62)が副社長となる。村田紀敏社長兼COO(72)は退任する。

セブン―イレブン・ジャパンの社長には古屋一樹副社長(66)が昇格する。

 

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アメリカの新常識<br>「バイデン勝利」で何が変わるか

コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。各種調査では、再選は危うい状況になっています。バイデン氏の勝利によって、またもや米国は激変しそうです。待ち受ける政治・外交・経済の変化に加え、日本への影響や課題についても先読みします。

東洋経済education×ICT