携帯純増はSBが9カ月連続トップ、MNPでKDDI躍進

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話3社が10月5日に発表した9月の携帯電話契約純増数(新規から解約を差し引く)は、ソフトバンクモバイルが「iPhone5(アイフォーン5)」の販売好調で、32万0200件と9カ月連続のトップに立った。KDDIは22万4900件で2位、NTTドコモは15万8600件で3位となっている。

ただ、MNP(番号持ち運び制度)でみると、KDDIは9万5300件の転入超過と07年3月以降4年半ぶりの高水準に。「ソフトバンクからの転入が8月に比べて約3倍に増加している」(KDDI広報部)という。一方で、ソフトバンクは1200件の転入超過と低水準。NTTドコモは9万5200件の転出超過となり、アイフォーン5発売による打撃を受けた格好だ。

ソフトバンクは10月1日のイー・アクセス買収発表と同時に、スマートフォンを経由してパソコンなどをインターネットに接続できる「テザリング」サービスの開始時期を12月15日に1カ月前倒しすると発表、さらに、アイフォーン4Sの下取りキャンペーンでも攻勢に出ている。KDDIとの「アイフォーン5競争」は一段と激しさを増しそうだ。また、NTTドコモは足元で「らくらくスマートフォン」、「キッズケータイ」などが好調。来週の「2012年冬モデル」発表などで顧客の転出に歯止めをかけられるか、注目されそうだ。

(田邉 佳介 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。