ソフトバンクとイー・アクセス、統合会見の詳細を一挙掲載

ソフトバンクとイー・アクセス、統合会見の詳細を一挙掲載

携帯電話業界3位のソフトバンクは10月1日、同4位であるイー・アクセスとの経営統合を発表した。同日夕に東京都内のホテルで開かれた記者会見には、ソフトバンクの孫正義社長とイー・アクセスの千本倖生(さちお)会長が登壇した。

会見での主な一問一答を以下にまとめた。


--経営統合の背景にはLTE(次世代高速通信、アイフォーン5などに搭載されている)があると思うが、買収はいつ頃から検討していたのか。

孫社長「具体的な検討は最近、アイフォーン5発売が決まってからだ。イー・アクセスがもつ1.7ギガヘルツ帯には非常に大きな意味がある。これまで行っていたようなMVNO(仮想移動体通信事業者)のような業務提携は強化できるし、これからもやっていくが、より深いネットワークの統合をしていかなければ快適なサービスを提供できない。経営統合するのが最良だと判断した。

プラチナバンドを以前から使用しているNTTドコモとKDDIは800メガヘルツ帯でそれぞれ15メガヘルツ幅を持っている。今年のプラチナバンド取得で、われわれは900メガヘルツを獲得したが5メガヘルツ幅だけ。ドコモ、KDDIは10メガずつを使っているので、現状でも他社に後れをとっている。イー・アクセスの1.7ギガヘルツ帯を利用することでようやくイコール・フィッティングに近い形になる」

--アイフォーン5の販売競争が買収のきっかけか。

孫社長「イエス。最終的な引き金はアイフォーン5です。腹をくくったのはアイフォーン5発売直前に『テザリングをやろう』と言ったその瞬間から。ただ、ネットワークの問題もあり、やる気だけではできなかった」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT