1箱410円程度の商品が多いたばこ。いくらに値上げしてもいいと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

1箱410円程度の商品が多いたばこ。いくらに値上げしてもいいと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

政府内でたばこ税率引き上げが検討されている。そこで、たばこ1箱をいくらに値上げしてもいいと思うかを聞いた。1000円以上という人が28.8%に上り値上げに反対する人は15.6%。愛煙家にとってますます厳しい時代になりそうだ。

政府内で、たばこ税率の引き上げが検討されています。
現在マイルドセブンなど1箱410円程度の商品が多いですが、たばこ1箱がいくらに値上げしてもいいと思いますか。
(プラスされる値上げ額ではなく、1箱あたりの販売価格でお答えください。)


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年9月29日特大号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。