世界の英雄は、みんな「痛風」に苦しめられた

予備軍は1000万人、打倒「王の病気」奮闘記

繊維不況で多角化を目指していた帝人(現・帝人ファーマ)のフェブキソスタット(フェブリク®)は、1日1回の服用で尿酸生成の触媒酵素であるXORの働きを妨げ、副作用は少なく、腎機能が低下している患者にも使えるといったメリットを持つ。アメリカでは2009年、日本では2011年に発売され、実に40年ぶりの新しい痛風・高尿酸血症薬となった(詳しくは、拙著『新薬に挑んだ日本人科学者たち』参照)。

毎日の飲酒が痛風リスクを2倍に高める

著者の最新刊。書影をクリックするとアマゾン販売ページにジャンプします

さらに、日本には伏兵がいた。300年の伝統を持つ越中富山の伝統商法、“薬売り”に端を発する富士薬品は、配置薬やドラッグストア中心の事業から「製薬会社」になることを目指し、ビギナーズラックとして合成に成功したのが、2013年に発売されたトピロキソスタット(トピロリック®、ウリアデック®)である。1日2回服用が必要で、XORを抑える効果はこれまでの薬と同等だが、尿たんぱくの改善効果があるとされる。

高尿酸血症を放置しておくと、痛風を起こしやすいだけでなく、腎機能が悪化して最終的に透析に陥るリスクが高まったり、尿路結石も起こりやすくなる。肥満でメタボを合併していれば、相乗作用でさらに悪化させかねない。

と言っても、すぐに薬に飛び付くのでなく、まずは生活習慣病改善から取りかかるのが基本だ。体内で合成されるプリン体のほうが多いとは言え、プリン体が多い動物性たんぱくやアルコールの摂取は程々に。とりわけアルコールは、プリン体量云々よりも、分解の過程で尿酸を生成しやすく、かつ排泄を少なくして、尿酸濃度を高める働きがある。毎日飲酒する習慣のある人は、痛風の危険度が2倍になるという報告もあるので、ご注意を。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT