超肥満ダックスフントが体重半減に成功、米テキサス州

米テキサス州の「太っちょビンセント」

[11日 ロイター] - 米テキサス州の施設で減量治療を受けていたダックスフントの「太っちょビンセント」が体重の半減に成功し、めでたく「退院」となった。

ビンセントは雄の7歳で、ファストフードを好んだため体重が適正(16ポンド前後)の2倍強に相当する38ポンド(17.24キロ)まで増加。歩くと地面におなかが付いてしまう状態だった。

高齢の飼い主が死去したことから、昨年9月に施設に収容され、健康的な食事と水泳といった運動により体重が17.5ポンドに減少。現在は新しい飼い主に引き取られるのに十分な健康を取り戻しつつあるという。

ただ施設職員は、ファストフード好きは健在と話している。

※キャプションを変更して再送します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?