超肥満ダックスフントが体重半減に成功、米テキサス州

米テキサス州の「太っちょビンセント」

[11日 ロイター] - 米テキサス州の施設で減量治療を受けていたダックスフントの「太っちょビンセント」が体重の半減に成功し、めでたく「退院」となった。

ビンセントは雄の7歳で、ファストフードを好んだため体重が適正(16ポンド前後)の2倍強に相当する38ポンド(17.24キロ)まで増加。歩くと地面におなかが付いてしまう状態だった。

高齢の飼い主が死去したことから、昨年9月に施設に収容され、健康的な食事と水泳といった運動により体重が17.5ポンドに減少。現在は新しい飼い主に引き取られるのに十分な健康を取り戻しつつあるという。

ただ施設職員は、ファストフード好きは健在と話している。

※キャプションを変更して再送します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。