日本の消費税率、15%まで上げる余地

OECD事務総長「10%で課題は解決しない」

 4月11日、経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長(写真)は日本の消費税率について、長期的には15%まで引き上げる余地があるとの見方を示した。エルサレムで1月撮影(2016年 ロイター/Amir Cohen)

[東京 11日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長は11日、日本の消費税率について、長期的には15%まで引き上げる余地があるとの見方を示した。その上で、消費税率は徐々に上げていく経路を作ることが重要だと強調した。都内の講演で語った。

OECDは同日公表した政策提言集で、日本の公的債務は「未知の領域に突入している」と指摘した。

グリア氏は、社会保障改革を中心とした歳出抑制と、新たな歳入の確保が不可欠だとしたうえで、経済成長への負担になりにくい税の一例として消費税を挙げた。一方、2017年4月に消費税率を10%に引き上げただけで日本の諸課題が全て解決されるわけではないとも語った。

また、グリア氏は講演後、記者団に対し「円が安全通貨とみなされている事実は為替介入では変えられない」と述べ、介入によって為替の過度な変動は緩和されるが、基調は変わらないと指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT