小型車優勢の国内にSUVで勝負するスバル

独自路線を追求

 

スバルは1995年に発表した「レガシィ グランドワゴン(海外名:アウトバック)」でSUVを初投入。インプレッサXVは97年の「フォレスター」に続いて3車種目のSUVとなる。すでに今年3月から欧州、8月には北米で販売を開始。12年4~8月期のインプレッサシリーズ全体での世界販売6万4086台のうち、XVが占める割合は25・7%にあたる1万6470台に上り、好調な出足となっている。

一方、不安視されているのが供給面の問題だ。新型インプレッサは現在、注文から納車まで約3カ月の時間を要する人気車種だ。あまりの売れ行きに広告宣伝を抑制しているほどだが、勢いは衰えていない。この点について飯田執行役員は「10月以降は国内営業としてボリュームを確保しており、インプレッサやXVを含めて年内には納期1カ月待ちぐらいに短縮できる」との見通しを示し、年内で納期短縮の実現ができるとの見解を示した。

トヨタ自動車と共同開発して今年投入したスポーツカー「BRZ」(トヨタブランドは「86(ハチロク)」といい、今回の「インプレッサXV」といい、スバルは大手に比べて数少ない車種展開の中で、個性的なクルマづくりに差別化を見出している。最近はその戦略が奏功し、業績も上向き基調にある。ただ、大手に比べ規模が小さく、車種も少ないだけに当てが外れたときのダメージも小さくはない。スマッシュヒットを飛ばし続けなければならない宿命が続く。

■富士重工業の業績予想、会社概要はこちら

 


(又吉 龍吾 =東洋経済オンライン)

 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。