セブン会長が辞任前にぶちまけていた「本音」

「明日どうなるかもわからない、人間なんて」

──亀井社長時代にもヨーカ堂の業績は低迷していました。「人材不足」との声もあります。

言いたい者には言わしておけばいいんだよ、そんなもの。経営をわからない人が、いろいろ言うのであってね。評論家が言うことはわかっている。若い人に任せれば、何でもいいのか。そんなことではない。亀井にやらせるのが一番。ヨーカ堂として最高の選択肢なんだ。世の中、一般論に流されていたんじゃ、経営なんか、改革なんかできない。

亀井に言ったこと?「改革について、われわれがやろうとしている道筋を君はわかっているか」と尋ねたら、彼は「もちろん、わかっています。いっとき、病気もしたが、今は健康体だからやりますよ」と。

スキーのジャンプの選手、知っているでしょ、葛西(紀明)選手。若い選手がいっぱいいるけど、あの年(43歳)で世界トップクラスの記録を出すんだよ。「あれは年寄りだからダメだ」なんて誰が言うの? 実績を出せばみんな認めるんだ。

方針を出すのがCEO、実務をやるのはCOO

──暫定的な人選ではないと。

暫定的ではない。僕も一緒になって今まで以上に見ていく。ただ、CEOとしては方針を出すのが仕事で、実務をやるのはCOO(最高執行責任者)であり、社長。社長の域まで僕が降りて、商品部に入ってしまうと組織上、CEOとCOOの差がなくなるので、それは違う。おたくの会社も社長がいちいち雑誌の編集部に乗り込んで、「ああしろ、こうしろ」とは言わないでしょ。やったら、どうなっちゃうの。

──昨年夏、米ファンドのサード・ポイントがセブン&アイ・HDの株式を5%未満取得しました。

その問題については、彼らが株主としてやっていることで、われわれは関知しない。われわれは自分の進むべき道を一歩一歩進んでいく、ということなのでね。

次ページサード・ポイントの提案に対する考えは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT