マクドナルド株主総会、最悪の業績に株主は?

謝らないカサノバ社長、目立った下平副社長

――地方創生の意味からも、少なくても3年間は不採算だからといって店舗を撤退しないでいただきたい。従業員もキャリアアップができずに終わってしまう。

下平副社長:2015年に発表したビジネスリカバリープランの中に、地域に特化したビジネスモデルという重要な戦略がある。フランチャイズオーナーを中心としたビジネスモデルを展開している。その理由は地域への貢献だ。出店をしてすぐに閉店をしてしまう無責任な対応がないように精一杯努力していく。

もう1度1000円バーガーをやる?

――新規形態の店舗を何か考えているのか。以前はマックカフェや少し高級な店舗をやっていたが、最近は何も聞かない。新規形態やもう1度1000円バーガーをやればいいのではないか。

下平副社長:マックカフェについては様々なテストをしている。前年の厳しい環境のなかでも、マックカフェは順調に売上げを獲得している。今後の展開については改めて報告する。

カサノバ社長:現在は新業態参入を考えるより、既存の2980店舗の収益性にフォーカスする。一番重要だと考えているのは、本当においしいバーガーを出すことだ。今年はこれから「バーガーラブ」というプラットフォームを発表する。ほかにも、新しい味のバーガーを提供していく。その一例が名前募集バーガーだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT