三越伊勢丹HDが誕生 統合効果は2年後から

三越伊勢丹HDが誕生 統合効果は2年後から

三越と伊勢丹が経営統合し、国内最大の百貨店グループとなる三越伊勢丹ホールディングスが誕生した。昨年8月に統合発表して以来、準備を進めてきた両社。だが、その間にも三越の業績はさらに悪化していた。2007年度の営業利益は、期初計画の154億円から、2度の下方修正を経て、前年比32%減の85億円と減収減益で着地する見通しだ。片や、衣料品の不振に苦しみながらも着実に業績を伸ばしてきた伊勢丹。両社の収益力の格差はいっそう拡大した。

統合発表時に掲げた新会社の営業利益目標は、5年後に750億円。内訳は、伊勢丹で450億円、三越で300億円だが、現在も目標は修正していない。武藤信一会長は「挽回できる。大丈夫」と断言。消費低迷は当面続くが、目標は達成すると強調した。

統合の大きな柱である、情報システムなどの一本化が完了するのは10年度。それまでは課題を洗い出し、基盤を固める時期に充てるという。新会社の初年度営業利益計画は340億円。統合費用の増加により実質減益を見込んでおり、07年度の両社見通し合計の82%にとどまる。

昨年9月、大丸と松坂屋が経営統合して誕生したJ・フロントリテイリングでは、すでに松坂屋の利益率に改善が見られ、初年度から統合効果が顕在化している。それに比べると、いかにも慎重な計画。だが、内部では相当なスピードアップが求められることは言うまでもない。三越の本気度が試される。
(堀越千代 撮影:田所千代美 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT