部数減の米プレイボーイ誌が身売りを検討

評価額は5億ドル以上となる可能性

 3月24日、米男性誌「プレイボーイ」を発行するプレイボーイ・エンタープライゼズが身売りを検討していると、関係筋がロイターに明らかにした。写真はプレイボーイのロゴ。メキシコのモンテレイで2013年8月撮影(2016年 ロイター/Daniel Becerril)

[24日 ロイター] - 米男性誌「プレイボーイ」を発行するプレイボーイ・エンタープライゼズが身売りを検討していると、関係筋がロイターに明らかにした。

このニュースを最初に報じた米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、プレイボーイ・エンタープライゼズの評価額は5億ドル(約565億円)以上となる可能性がある。

同社は1953年創業。雑誌「プレイボーイ」は女性のヌード写真掲載で草分け的存在だったが、発行部数は1975年の約560万部から最近では80万部程度に落ち込んでいる。

同誌は今年2月、女性のヌード写真の掲載を中止。また1月には、創業者ヒュー・ヘフナー氏が所有するロサンゼルスにある豪邸「プレイボーイ・マンション」が2億ドルで売りに出された。

関係筋によると、プレイボーイ・エンタープライゼズの身売りについては投資銀行のモーリスが助言している。

プレイボーイ・エンタープライゼズからのコメントは得られていない。モーリスはコメントを拒否した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT