部数減の米プレイボーイ誌が身売りを検討

評価額は5億ドル以上となる可能性

 3月24日、米男性誌「プレイボーイ」を発行するプレイボーイ・エンタープライゼズが身売りを検討していると、関係筋がロイターに明らかにした。写真はプレイボーイのロゴ。メキシコのモンテレイで2013年8月撮影(2016年 ロイター/Daniel Becerril)

[24日 ロイター] - 米男性誌「プレイボーイ」を発行するプレイボーイ・エンタープライゼズが身売りを検討していると、関係筋がロイターに明らかにした。

このニュースを最初に報じた米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、プレイボーイ・エンタープライゼズの評価額は5億ドル(約565億円)以上となる可能性がある。

同社は1953年創業。雑誌「プレイボーイ」は女性のヌード写真掲載で草分け的存在だったが、発行部数は1975年の約560万部から最近では80万部程度に落ち込んでいる。

同誌は今年2月、女性のヌード写真の掲載を中止。また1月には、創業者ヒュー・ヘフナー氏が所有するロサンゼルスにある豪邸「プレイボーイ・マンション」が2億ドルで売りに出された。

関係筋によると、プレイボーイ・エンタープライゼズの身売りについては投資銀行のモーリスが助言している。

プレイボーイ・エンタープライゼズからのコメントは得られていない。モーリスはコメントを拒否した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT