「アメリカ覇権」という信仰 E・トッド他著

「アメリカ覇権」という信仰 E・トッド他著

2002年の『帝国以後』で「今後数年ないし数ヵ月間に、アメリカ合衆国に投資したヨーロッパとアジアの金融機関は大金を失うことになるだろう」と喝破したE・トッドの小論文をはじめ、内外の論客が金融危機と金融資本主義の将来を論じている。トッドの問題意識は、アメリカにとって残された「国力」はアメリカの覇権を信じたいという諸国の欲求だけであり、このような虚構性の上に存在するドルの崩壊は時間の問題だろう、と明快である。

執筆者(インタビューを含む)は加藤出、R・ボワイエ、松原隆一郎、水野和夫、佐伯啓思など14氏で、市場原理主義を一刀両断する榊原英資、浜矩子、辻井喬の各氏はじめ各人の問題意識はほぼ通底し、読み進んでいくうえで混乱はない。トッドも言うように、当面の指標に一喜一憂する「短期」の脅迫観念の慣習から脱し、「アメリカ覇権以後」へ向けての思索と行動を即刻進めていくためにも有効な書である。(純)

藤原書店 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。