「アメリカ覇権」という信仰 E・トッド他著

「アメリカ覇権」という信仰 E・トッド他著

2002年の『帝国以後』で「今後数年ないし数ヵ月間に、アメリカ合衆国に投資したヨーロッパとアジアの金融機関は大金を失うことになるだろう」と喝破したE・トッドの小論文をはじめ、内外の論客が金融危機と金融資本主義の将来を論じている。トッドの問題意識は、アメリカにとって残された「国力」はアメリカの覇権を信じたいという諸国の欲求だけであり、このような虚構性の上に存在するドルの崩壊は時間の問題だろう、と明快である。

執筆者(インタビューを含む)は加藤出、R・ボワイエ、松原隆一郎、水野和夫、佐伯啓思など14氏で、市場原理主義を一刀両断する榊原英資、浜矩子、辻井喬の各氏はじめ各人の問題意識はほぼ通底し、読み進んでいくうえで混乱はない。トッドも言うように、当面の指標に一喜一憂する「短期」の脅迫観念の慣習から脱し、「アメリカ覇権以後」へ向けての思索と行動を即刻進めていくためにも有効な書である。(純)

藤原書店 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。