民主党新政権の目玉 「官邸主導」の現実味

民主党新政権の目玉 「官邸主導」の現実味

公約の「柱」は実現するのか--。総選挙圧勝による政権交代劇を経て、がぜん注目を集めているのが、改革に向けた“具体像”だ。

子ども手当や高速道路の無料化など、民主党が複数掲げたマニフェストの中でも、最大の目玉は「官僚主導から政治家主導への転換」にある。

その実現の切り札となるのが、新設される国家戦略局。総理直属となる同局には官民の人材を結集し、予算の骨格を策定する。国として政策の優先順位を打ち出し、「長く続いた官僚支配の終焉」(鳩山由紀夫代表)を狙う。

政策プロセスを大転換

自民党政権下で長らく非難の的となってきた「官僚主導政治」。その象徴が、官僚が原案を作成し、国会提出前に自民党の政務調査会や総務会の了承を得るという、「事前審査」の慣例だった。官邸主導を図った小泉政権では、郵政公社化法案の際などに慣例打破を試みたが、根絶には至らず。結果、各省庁の省益優先で政策が決まるため、肝心の国の方向性が見えてこないという弊害が指摘されてきた。

トップダウン型の新組織が機能すれば、政策決定プロセスの大転換となる。民主党の事務局長などを歴任した政治アナリストの伊藤惇夫氏は、「編成権を官邸が握るという発想。各役所が予算を積み上げる方式とは正反対。政治主導の視点から見ても妥当」と評価する。かつて行政機関の司令塔として、小泉政権時代には経済財政諮問会議が存在感を放った。しかし、その後いずれも短命に終わった内閣では、うまく生かされなかった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。