官民そろって人員削減を進めるアメリカ、新卒も仕事探しに四苦八苦

拡大
縮小


 
 こうした悲惨な現状から、レイオフや解雇を恐れた現職の社員、職員たちは夏休み返上で働く者が続出。例年なら夏休みを取っていた者たちが、今年は職場のデスクを離れようとしないのが、シリコンバレーのトレンドになってきている。

会社経営者デイビッドは、10代の息子のサマージョブのため、ベンチャーキャピタルの事務所に問い合わせた。サマー・ジョブとは、学生が夏の間に行う仕事で、単なるアルバイトではなく、将来の就職につながるインターンシップの意味も持つ。
 
 「3年前の長女の時はサマージョブはすぐ見つかったのに……。息子は今年、レストラン、本屋、ペットショップ、カフェなど何十件問い合わせても仕事が見つからないんだ」とデイビッドは嘆く。

恐ろしいことだが、仕事が見つからないのはアルバイトだけではない。この夏に新卒となった大学卒業生たちも仕事探しに苦労している。
 
 「娘は東部の有名大学を優秀な成績で出たんだけれど、仕事探しに苦労しているわ」と、悩む母親のメリー。今年5月の統計では、「全米で、求人1つあたり約5.7人が職を求めている」と米労働省は7月7日に発表している。

大学は出たものの仕事が見つからず、また高等教育機関に戻るということにならなければ良いのだが。オバマ大統領の景気刺激策が効いて、仕事が増えてくるのはいつ頃なのだろうか。
(Ayako Jacobsson =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT