12月利上げの「誤解釈」が市場混乱を招いた?

セントルイス連銀総裁がCNBCで発言

2月25日、米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、最近の株急落について、市場が昨年12月の利上げを米連邦準備理事会(FRB)が年内着実に引き上げを継続するとの確かなコミットメントと誤って解釈したために引き起こされた可能性があるとの認識を示した。写真は2013年8月、ボストンでインタビューに応じる同総裁(2016年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、最近の株急落について、市場が昨年12月の利上げを米連邦準備理事会(FRB)が年内着実に引き上げを継続するとの確かなコミットメントと誤って解釈したために引き起こされた可能性があるとの認識を示した。CNBCとのインタビューで述べた。

FRBは金利軌道について、緩やかかつデータ次第としているが、FRBの経済見通しにより、金利は予め決められた軌道にあるとの印象を与えたようだと指摘した。総裁は四半期ごとの経済見通しについて、公表の仕方を変更するよう求めている。

英国の欧州連合(EU)離脱問題をめぐっては、米国への差し迫ったリスクではないとの考えを示した。離脱を国民投票で決定しても完了までには数年の交渉が必要になる公算が大きいとして、「市場や投資家には数年単位で準備する時間がある」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT