空中浮遊する実質的最高権力 聞こえてきそうな霞が関の高笑い

空中浮遊する実質的最高権力 聞こえてきそうな霞が関の高笑い

塩田潮

 「権力の使い方を知らないねえ」と、引退した元大物政治家があきれ顔で首相を評した。
 与党内の「解散・人事」抗争は麻生首相と反麻生勢力の全面戦争となったが、首相側の完敗に終わった。最大の敗因は、首相が「名ばかりの権力者」だったこと、それが国民にばれてしまったことである。

 政治のウォッチを始めて30年余になるが、一番のポイントは「実質的最高権力」はいま誰の手にあるのかを探ることだといつも思っている。権力保持者は形の上では首相だが、麻生首相を見ていて、就任以来、この実質的権力を一度も掌握していないと映った。
 小派閥で、党内基盤が弱体という意味ではない。「陽気・強気・能天気」の首相は、おそらく実質的権力の未掌握に気づいていなかったのではないか。「解散は私が決める」が口癖だが、空威張りではなく、「裸の王様」の空言であろう。「権力の使い方を知らない」というよりも、そもそも権力を手にしていなかったのだ。

 それでは、実質的最高権力は誰が手にしているのか。
 霞が関の官僚機構か、最大派閥の町村派か、参議院を握る民主党か。いずれもノーだ。現在の日本の政治の危機と悲劇は、実質的最高権力が空中を浮遊している点にある。無権力状態がだらだらと続き、時間と予算が浪費されている。そんな危機的状況から脱するには、総選挙を実施して、正統性を具備する政権をつくり出すことだが、政権交代を唱える民主党も、もしこのまま自民党に取って代わって、相変わらず脇が甘く、ドジでお粗末な鳩山代表を権力者に据えると、同じように実質的最高権力を掌握できない「裸の王様」が生まれる危険性がある。

 その場合は「猛獣」復活で院政にと心配する向きもあるが、最大の懸念は、自民も民主もダメと政党政治を見限る国民が増大しそうな点だ。最後には「頼りになるのは政党より官僚」という空気になりかねない。霞が関の高笑いが聞こえてきそうだ。危ない危ない。
(写真:梅谷秀司)
塩田潮(しおた・うしお)
ノンフィクション作家・評論家。
1946(昭和21)年、高知県生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科を卒業。
処女作『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞。著書は他に『大いなる影法師-代議士秘書の野望と挫折』『「昭和の教祖」安岡正篤の真実』『日本国憲法をつくった男-宰相幣原喜重郎』『「昭和の怪物」岸信介の真実』『金融崩壊-昭和経済恐慌からのメッセージ』『郵政最終戦争』『田中角栄失脚』『出処進退の研究-政治家の本質は退き際に表れる』『安倍晋三の力量』『昭和30年代-「奇跡」と呼ばれた時代の開拓者たち』『危機の政権』など多数
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。