見事!花王「メリット」の新製品戦略《それゆけ!カナモリさん》

見事!花王「メリット」の新製品戦略《それゆけ!カナモリさん》

 

■ブルーオーシャンを見つけた花王

 今年2月26日に発売された花王の「メリット さらさらヘアミルク」の販売が好調だと6月17日付け日経MJの連載記事「ヒットのヒミツ」が伝えていた。出荷数量が当初計画に比べ2割増という。記事が伝えるヒミツの、さらにその奥のヒミツをひも解いてみよう。

記事によると、同商品は、「親子で使えるトリートメント」というコンセプトが女児を持つ母親に受け入れられている、とある。

まず、ターゲットの設定とニーズの拾い方が出色である。普通、子供にトリートメントはしない。トリートメントは大人の女性用というイメージが強く、使用する女児は2割に留まっていたと記事にあるとおりだ。つまり、8割が白地のセグメントが目の前にあるということなのだ。

何というブルーオーシャン。

しかし、裸足で暮らす先住民に靴を売るがごとく、利便性が理解されれば爆発的に売れるだろうが、理解されなければ全く売れないということになる。

そんな女児の頭髪をめぐって潜在ニーズが確実に存在することを花王は突き止めた。

ターゲットは幼稚園や小学校に通う女児であるが、本人がドラッグストアやスーパーで買い求めはしない。購買意志決定者である母親がキモである。

同社は女児を持つ母親にアンケート調査を行い、娘の髪に対して、「くし通りや指通りの悪さ」「絡まる」などの不満があることを抽出した。また、実際に女児の頭髪を調べてみたところ、太さや固さが成人女性の半分程度であることが判明したという。細くて柔らかい女児の髪は、絡まりやすいのだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT