以旧換新(都市向け買い換え補助金政策)で気を吐く中国テレビメーカー



 商機到来とばかりに、家電量販店が以旧換新をアピールしているかと予想していったところ、意外やまったく”以”の字も見当たらないくらいあっさりしたもの。以旧換新を目当てに物色に来たと思われる客も見当たらない。店内に見える客の数は下手すれば片手で数えられるほどだ。通常、家電商戦の閑散期にあたる今は、以旧換新をもってしてもやはり閑散期のままであった。「以旧換新」を店で展開しているのは、ライバル店のないエリアでの永楽電器の店舗だけであった。


■「以旧換新」でも閑散とした量販店の店内

詳細が不明だったエコポイントですら、家電商戦を盛り上げる効果を見せる日本とは、ずいぶんと様子が違う。やはり、エアコンや冷蔵庫、テレビは、中国では、現地の月収の1カ月から数カ月分にもなる”高額商品”に変わりはない。いくら補助が出るとはいえ10%にとどまっており、気軽に買い換えられるものではないのだろう。
 
 また、中国では家電量販店は、基本的にはメーカーに対する場所貸し商売になっている。日本のように仕入れて売るわけではないので、量販店主導で販促キャンペーンをするインセンティブはあまり働かない。

こうした事情もあって、家電量販店の店頭の盛り上がりはもうひとつ、といったところ。だが、それでも、補助金が商売に直結する中国地場家電メーカーは、俄然、ヤル気を見せている。

特に薄型テレビの販売には、大いに力が入っているようだ。ハイアール、創維(Skyworth)などの中国の地場メーカーは、各社とも薄型テレビ販売ブースでこぞって以旧換新キャンペーンを行っており、各社販売ブース前ではそれぞれが以旧換新キャンペーンのポスターを掲げ、以旧換新キャンペーンのチラシを用意していた。量販店街から離れたスーパーの店先で、野外の特設売り場を設けているメーカーもあった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。