ニューハンプシャー州、共和トランプ氏・民主サンダース氏が勝利

共和、民主とも2位候補と大差

[マンチェスター(米ニューハンプシャー州) 9日 ロイター] - 米大統領選のニューハンプシャー州予備選は、共和党はドナルド・トランプ氏が勝利し、民主党はバーニー・サンダース上院議員がクリントン前国務長官を抑え勝利した。テレビ局各社が暫定結果として報じた。

CNNによると、50%の開票が終了した時点の得票率は、サンダース氏が59%。クリントン氏は39%にとどまっている。

サンダース氏は、支持者らに送った電子メールの中で勝利を宣言。

また、勝利演説で「われわれはこの偉大な国の政府が、選挙運動に献金した一握りの富裕層だけではなく、すべての国民のものであるというメッセージを送ってきた」と語った。

一方、クリントン氏の陣営は敗北を認める声明を出し、サンダース氏に対して祝意を示した。

クリントン氏の選挙対策を仕切っているロビー・ムック氏は、先週のアイオワ州ではクリントン氏が勝利したことに触れ、民主党は最初の2戦で勝利を分け合ったと指摘。民主党の指名候補は3月に決まるとし、「クリントン氏は力強いリードを築くことができる」と強調した。

CNNが51%開票時点で伝えたところでは、共和党はトランプ氏が34%で首位、オハイオ州のジョン・ケーシック知事が16%で2位。3位以下は混戦模様で、テッド・クルーズ上院議員が12%、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事とマルコ・ルビオ上院議員は11%。

勝利演説したトランプ氏は、サンダース氏について「われわれの国を明け渡そうとしている」などと主張した。

*内容を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT