りそなが本社を売却 公的資金返済に一助

りそなが本社を売却 公的資金返済に一助

りそなは「金融村」からの移転を決断した。

りそなホールディングスは、東京・大手町の東京本社ビルを三菱地所に1620億円で売却する。

入札での処分を決めたのは同ビルの持ち分割合100分の73で、約1000億円の売却益が発生する見込みだ。同ビルの残りの持ち分は、マルハがすでに2003年12月に232億円で東急リアル・エステート投資法人に売却しており、マルハは期間6年の定期借家契約で使用している。

03年当時、同ビルの売却価格は相場に比べて高く不動産業界で話題になった。が、その頃から、REIT(不動産投資信託)や私募ファンドを受け皿とした不動産取引が活発化。丸の内の再開発も進み、同ビルの価格は急上昇。一方で足元では、天井感が出ており売り時と判断した。

りそなは公的資金の残高2兆3375億円の返済原資の確保が課題のうえ、「リテール分野中心に転換を進めており、丸の内にいる必要はない。意識改革を徹底させる」(細谷英二会長)ためにも、本社を江東区木場(深川地域)へ再来年にも移転する。
(大崎明子 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。