ドイツ南部で列車が正面衝突、8人死亡

<動画あり>150人が負傷、うち50人が重体

2月9日、ドイツ南部のバイエルン州で起きた列車同士の正面衝突で、現地警察は8人が死亡したと明らかにした(2016年 ロイター/MICHAEL DALDER)

[ベルリン 9日 ロイター] - ドイツ南部のバイエルン州で9日朝起きた列車同士の正面衝突で、現地警察は、ツイッターで8人が死亡したと明らかにした。負傷者数は150人でうち50人が重体だという。

事故は現地時間午前6時48分(日本時間午後2時48分)、バートアイブリング近郊で発生。レスキュー隊が現場で救護活動している。

警察が原因を調査しており、1100GMT(日本時間午後8時)から会見する見通し。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT