投資銀行が邦銀に屈した日 北村慶著

投資銀行が邦銀に屈した日 北村慶著

「投資銀行時代」の終焉は疑問の余地がない。ただしその機能がどのように変化、維持されるかは今後の課題である。というわけで、金融バブルを生んだ彼らの手法と生態をドキュメンタリータッチも交えながら解き明かし、その中から国際的な金融秩序がどう収まっていくかを展望している。

今回のバブルの仕組みについては類書にはない分析があるほか、日本での投資銀行の荒稼ぎから、「市場」を救った日本の金融機関の決断まで満遍なくカバーされている。厳しく責任を問われるべきなのに、取り上げられることの少ない格付け会社についてもページが割かれていて興味深い。

バブル発生の容疑者としてグリーンスパンの言動に言及する一方で、警告を重ねていたバフェットにも触れている。同氏は投資行動を劇的に変化させたことでも注目されるが、終章では、個人として今後どのように金融資産を動かしていくべきか具体的な提案があって大いに参考になる。(純)

東洋経済新報社 1680円

詳しい紹介ページはこちら
Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。