髙橋 裕子
髙橋 裕子(たかはし ゆうこ) Yuko Takahashi
津田塾大学学長、同大学芸学部英文学科教授

1980年津田塾大学英文学科卒業。1984年筑波大学大学院修士課程修了。アメリカ・カンザス大学大学院にて1983年M.A.、1989年Ph.D.取得。2004年津田塾大学教授、2016年より学長。専門はアメリカ社会史(家族・女性・教育)、ジェンダー論。著書に『津田梅子の社会史』(玉川大学出版部、2002年、アメリカ学会清水博賞)、三成美保編著『教育とLGBTIをつなぐ―学校・大学の現場から考える』第8章「トランスジェンダーの学生受け入れとアメリカの名門女子大学」(青弓社、2017年)など。アメリカ学会会長、ジェンダー史学会常任理事、日本学術会議連携会員。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT