2018年4月、障害者雇用促進法が改正され、法定雇用率が2.2%に上がった。また、これまで法定雇用率の算定基礎に入っていなかった「精神障害者」が新たに加えられた。発達障害の人と当たり前に働くことが増える時代、会社は、現場はどうしていけばいいのか。発達障害の人たちの力を引き出し活躍してもらうにはどうすればいいか。


発達障害に関して長年取材してきたジャーナリストの草薙厚子さんが、企業の取り組み実態などについてレポートします。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。