安倍首相、「参院選、自公で過半数を目指す」 

日銀と一体で脱デフレに全力

 1月4日、安倍晋三首相は官邸で年頭の記者会見を行い、日本経済のデフレ脱却まで「あと一息」と述べ、政府・日銀一体でデフレ脱却に取り組むと強調した。都内で撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 安倍晋三首相は4日、官邸で年頭の記者会見を行い、日本経済のデフレ脱却まで「あと一息」と述べ、政府・日銀一体でデフレ脱却に取り組むと強調した。今夏の参院選では自民党と公明党の両党で過半数確保を目指すとし、1億総活躍の実現や憲法改正などを訴えていく考えを示した。

政権発足から経済最優先で取り組んだ結果、3年間で「(日本経済は)もはやデフレではない状況をつくり出すことができた」と強調。日銀による「大胆な金融緩和によって物価は反転し、上昇傾向にあるのは事実」とし、「デフレ脱却まであと一息というところまできている」と語った。

もっとも、デフレ脱却には「残念ながらまだ道半ば」と述べ、「この流れを加速できるか否かは、賃上げ、設備投資による経済の好循環をいかに力強く回し続けられるかにかかっている」と指摘。引き続き「政府・日銀一体となって全力でデフレ脱却に取り組む」と強調した。

参院選、1億総活躍社会・憲法改正訴える

今夏の参院選では「自公で過半数を確保したい」と表明。衆院選も同時に行うダブル選への思惑が永田町にくすぶっているが、衆院解散について「まったく考えていない」と述べた。

参院選の争点は「3年間の安倍政権の実績に対する評価、1億総活躍社会について国民の審判をいただきたい」とし、憲法改正についても「参院選でしっかりと訴え、国民的な議論を深めていきたい」と語った。

議長を務める主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を5月に控え、「世界経済は不透明感を増している。世界は今、持続的な成長への道を模索している」とし、サミットを「主要国のリーダー達とともに、世界経済の未来に挑戦する大きなきっかけにしたい」と意欲を示した。

サミットでは不透明感を増す世界経済とともに、テロとの闘い、貧困や開発、アジア・太平洋情勢などについて議論する考えを示した。

 

 

(伊藤純夫)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT