ハラミが足りない! 読み違えた解禁時期

米国産牛の規制緩和は期待どおりに進むか?

焼き肉店の人気メニュー、ハラミが品薄になっている。業界最大手「牛角」(レインズインターナショナル)は米国産の「特選塩ハラミ」の販売を中止、現在は豪州産のハラミのみを販売する。

 中堅焼き肉チェーン「焼き肉きんぐ」(物語コーポレーション)も焼き肉の盛り合わせからハラミを除外した。また、ステーキのファストフード店「ペッパーランチ」(ペッパーフードサービス)は、ハラミステーキの提供を一時休止。一瀬邦夫社長は、「ドル箱のハラミステーキがなくなる影響は大きい」と嘆く。

品薄の背景にあるのが供給不足だ。チェーンの焼き肉店の多くは通常、米国産と豪州産のハラミを扱っている。このうち、上ハラミに使われている米国産ハラミの供給量が春先から急減しており、つれて価格も1キログラム当たり1325円と1年前から2~3割上昇している(図)。

価格が高騰しているのは、ハラミだけではない。牛丼に使われるバラ肉(ショートプレート)の価格も1キログラム当たり916円と、1年前の水準から約1・5倍に上昇。コメ価格の高騰も相まって、ゼンショーホールディングスなど牛丼大手3社は2012年第1四半期決算では軒並み前年同期比大幅減益となった。

次ページ規制緩和にらみ、供給が急減
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT