ブリヂストン、米ペップ・ボーイズ買収断念 対抗案を提示せず

印刷
A
A
 12月29日、ブリヂストンは、米自動車用品小売り大手ペップ・ボーイズ買収をめぐり、著名投資家アイカーン氏による最新の買収提案への対抗案は出さないと発表した。写真はペップ・ボーイズのロゴ、カリフォルニア州で8日撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[29日 ロイター] - ブリヂストン<5108.T>は、米自動車用品小売り大手ペップ・ボーイズ・マニー・モー&ジャック<PBY.N>買収をめぐり、米著名投資家カール・アイカーン氏による最新の買収提案への対抗案は出さないと発表した。

ペップ社については、ブリヂストンとアイカーン氏の買収合戦になっており、ブリヂストンが24日に買収額を1株17ドルに引き上げたのに対し、アイカーン氏は28日、同18.50ドルに上積みした。

アイカーン氏による買収価格の引き上げを受けて、ペップ・ボーイズは28日、以前に受け入れで合意していたブリヂストンの案よりも優位な内容と判断、ブリヂストンとの合意を破棄する意向を示していた。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT