ブリヂストン、米ペップ・ボーイズ買収断念

対抗案を提示せず

 12月29日、ブリヂストンは、米自動車用品小売り大手ペップ・ボーイズ買収をめぐり、著名投資家アイカーン氏による最新の買収提案への対抗案は出さないと発表した。写真はペップ・ボーイズのロゴ、カリフォルニア州で8日撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[29日 ロイター] - ブリヂストン<5108.T>は、米自動車用品小売り大手ペップ・ボーイズ・マニー・モー&ジャック<PBY.N>買収をめぐり、米著名投資家カール・アイカーン氏による最新の買収提案への対抗案は出さないと発表した。

ペップ社については、ブリヂストンとアイカーン氏の買収合戦になっており、ブリヂストンが24日に買収額を1株17ドルに引き上げたのに対し、アイカーン氏は28日、同18.50ドルに上積みした。

アイカーン氏による買収価格の引き上げを受けて、ペップ・ボーイズは28日、以前に受け入れで合意していたブリヂストンの案よりも優位な内容と判断、ブリヂストンとの合意を破棄する意向を示していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。