ブリヂストン、米ペップ・ボーイズ買収断念

対抗案を提示せず

 12月29日、ブリヂストンは、米自動車用品小売り大手ペップ・ボーイズ買収をめぐり、著名投資家アイカーン氏による最新の買収提案への対抗案は出さないと発表した。写真はペップ・ボーイズのロゴ、カリフォルニア州で8日撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[29日 ロイター] - ブリヂストン<5108.T>は、米自動車用品小売り大手ペップ・ボーイズ・マニー・モー&ジャック<PBY.N>買収をめぐり、米著名投資家カール・アイカーン氏による最新の買収提案への対抗案は出さないと発表した。

ペップ社については、ブリヂストンとアイカーン氏の買収合戦になっており、ブリヂストンが24日に買収額を1株17ドルに引き上げたのに対し、アイカーン氏は28日、同18.50ドルに上積みした。

アイカーン氏による買収価格の引き上げを受けて、ペップ・ボーイズは28日、以前に受け入れで合意していたブリヂストンの案よりも優位な内容と判断、ブリヂストンとの合意を破棄する意向を示していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。