最も効率よく戦ったチームはどこ?

Jリーグ各クラブを財務分析! 

 浦和がぶっちぎり

J1各クラブの期間業績でランキングしたのが次の各ランキングだ。営業収益(売上高)は、広告料や入場料などでクラブがどれだけの収入を獲得したかを示している。売り上げを上げることは、企業活動のすべての根元であり、当然ながら多ければ多いほどよい。11年度も浦和がぶっちぎりのトップだ。とくに入場料収入では2位の名古屋にダブルスコア以上の差をつけており、圧倒的な人気ぶりを見せつける。

営業利益は本業(つまりサッカークラブの運営)から上がる利益のことで、対営業収益比率は、どれくらい効率的に営業利益を上げているかを表す。サッカークラブは上場企業とは異なり必ずしも利益を上げて配当をしていくための存在ではなく、選手獲得や地域のスポーツ振興などに費用をかけるべきだろう。が、それでも一定水準の利益を上げなくてはクラブ運営を継続できない。赤字は大きな問題だ。経常利益は営業利益に支払利息等を加減したもの、純利益は税金なども払ったうえで最終的にクラブに残る利益だ。

利益面を見ると名門・横浜Fマリノスの不振ぶりが際立つ。営業収益では上位に位置するにもかかわらず、赤字が非常に大きい。営業収益で同規模の柏や川崎と比較すると、「販売費及び一般管理費」がかさんでおり、営業活動や間接部門の費用の重さが足を引っ張っている。

 

次ページマリノスの状況は深刻
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT