リクルートの「広告主」という“顔”

広告代理店だけではない

 ちなみに上場するヤフーの有価証券報告書を見ると、2005年3月期から10年3月期までの間、売掛金の取引先として、リクルートは毎期数十億円単位で、常に上位5位内に入っている。一方、電通の大口先には、トヨタ自動車やパナソニック、花王が常連として100億円前後で名を連ねており、さすがにリクルートは入ってこない。

ただ、「笑っていいとも」(フジテレビ)などキー局の帯番組でスポット広告を毎日流しているのをはじめ、トータルでは相当な金額の広告宣伝費を、リクルート側が代理店を通じてテレビ局に“還流”しているのは間違いない。

かつては、リクルートが1976年に「住宅情報」を創刊する際、読売新聞が対抗して「読売住宅案内」を創刊、本気で潰しにかかった歴史がある。読売の営業部隊は、住友不動産や三井不動産、大京など大口クライアントに対し、リクルートより3割安い広告代を設定してきた。当時、新聞広告の主力は、求人と住宅の折り込み広告だったからだ。「他社の進出に初めて危機感を抱いたのは、読売新聞社が住宅情報誌に参入してきたときだ」(「リクルートのDNA」〈角川書店、江副浩正著〉より引用)。

が、その後はリクルートの企業規模が大きくなるにつれ、自身が新聞やテレビに積極的に広告を出すようになった。TVや広告代理店とは、互いに株も持ち合い、ある種“大人の関係”を構築したとも言える。メディアなのか、広告代理店なのか、それとも企業の広告宣伝の先兵役なのか--。特異な立ち位置のリクルートは、競合と協調の間で融通無碍にポジションを変え、ここまで生き延びている。

週刊東洋経済2012年8月25日号(8月20日発売)では、リクルートの真実を徹底レポートしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。