キリンHD、1949年の上場来初の最終赤字へ 

ブラジル子会社の減損を計上

 12月21日、キリンホールディングスは、2015年12月期の連結最終損益が560億円の赤字(従来予想は580億円の黒字)になるとの修正見通しを発表した。写真は 都内で2013年1月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 21日 ロイター] - キリンホールディングス<2503.T>は21日、2015年12月期の連結最終損益が560億円の赤字(従来予想は580億円の黒字)になるとの修正見通しを発表した。1949年のキリンビール上場以来、初めての最終赤字となる。子会社のブラジルキリンで2015年12月期に減損損失が発生、約1140億円を特別損失として計上することが主因。

ブラジル経済の悪化により、消費が停滞。ブラジル事業は、販売数量減や通貨安に見舞われ、苦戦が続いている。減損損失見込み額は約1412億円となる。

同社は、平準化EPSに対する連結配当性向30%を基準としている。特別損失の計上は、平準化EPSへの影響がないため、年間配当38円の予想については据え置く。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT