ついにスマートグラスがこんなに薄くなった

厚さ1ミリの薄型ディスプレーを眼鏡に装着

分厚くて奇妙なデザインのスマートグラスの時代は終わるかもしれない。フィンランドの開発者が普通の眼鏡にぴったり付けられる薄型ディスプレイを開発した。

ファッションデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグがいくら頑張っても、かさばったデザインのグーグルグラスは、今どきの日常のファッションには今一つ馴染まない。

そこが、市場でほとんどのスマートグラスが苦戦している問題点だ。日常使いにはサイズが単に大きすぎるのだ。

しかし、フィンランドのハイテク企業、ディスペリックスが最新鋭の光学部材を発表したことで、変わるかも知れない。同社のアンティ・スナリCEOによると、このプラスティックディスプレイは、厚さわずか1ミリメートルで通常の眼鏡にぴったり付けられる。

「このディスプレイは眼鏡に取り付ければ、画像をユーザーの視野に映し出すことができる」と、スナリCEOは語る。映し出せるのは動画だけでなく、テキストもユーザーの目の前に表示できるという。

「画像ソースから取り込んだ映像はこの領域で結合された後、全反射によってこのグレーの領域に転送され、ユーザーの視野内に映し出される。映し出される画像の大きさは、3メートル離れた位置から60インチテレビを見た際の大きさに相当する」(スナリCEO)。

現在、ディスプレックスは他社と協力して小型モバイルスクリーン用の電子機器とソフトウェアを開発中だ。同社は、1年以内の市販化を狙っており、一般の人々に認知されることを期待している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT