ついにスマートグラスがこんなに薄くなった

厚さ1ミリの薄型ディスプレーを眼鏡に装着

分厚くて奇妙なデザインのスマートグラスの時代は終わるかもしれない。フィンランドの開発者が普通の眼鏡にぴったり付けられる薄型ディスプレイを開発した。

ファッションデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグがいくら頑張っても、かさばったデザインのグーグルグラスは、今どきの日常のファッションには今一つ馴染まない。

そこが、市場でほとんどのスマートグラスが苦戦している問題点だ。日常使いにはサイズが単に大きすぎるのだ。

しかし、フィンランドのハイテク企業、ディスペリックスが最新鋭の光学部材を発表したことで、変わるかも知れない。同社のアンティ・スナリCEOによると、このプラスティックディスプレイは、厚さわずか1ミリメートルで通常の眼鏡にぴったり付けられる。

「このディスプレイは眼鏡に取り付ければ、画像をユーザーの視野に映し出すことができる」と、スナリCEOは語る。映し出せるのは動画だけでなく、テキストもユーザーの目の前に表示できるという。

「画像ソースから取り込んだ映像はこの領域で結合された後、全反射によってこのグレーの領域に転送され、ユーザーの視野内に映し出される。映し出される画像の大きさは、3メートル離れた位置から60インチテレビを見た際の大きさに相当する」(スナリCEO)。

現在、ディスプレックスは他社と協力して小型モバイルスクリーン用の電子機器とソフトウェアを開発中だ。同社は、1年以内の市販化を狙っており、一般の人々に認知されることを期待している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT