「おせち騒動」から1年半、グルーポン・米本社グローバル事業責任者にテコ入れ戦略を聞く

--グルーポンのビジネスは、従来のBtoCから、BtoBのビジネスに転換するのか。

必ずしもそう表現する必要はないが、よい指摘だ。店舗への付加価値向上に注力することにより、消費者によりよいサービスを提供できる。

これだけ急成長してこれたのも、すべての関係者とウィン・ウィンの関係を構築できたからだ。店舗は多くのユーザーを獲得し、消費者は1円当たりの価値をより多く得ることができた。店舗のオペレーティング支援を強化することで、このサイクルをより潤滑にしていきたい。

--店舗側としては、オンライン空間からリアルな購買に結びつける「O2O」(オンライン・ツー・オフライン)に関心がある。グルーポンだからこそできる「O2O」とは何なのか。

複数のものを同時に提供できる、という点だ。新規顧客の開拓、稼働率の向上、顧客のリピーター化を同時に訴求できるサービスは、グルーポンしか存在しない。

--12年3月には、競合のリクルート「ポンパレ」に販売金額のシェアを奪われた。彼らをどう見ているか。

私が理解しているかぎり、リクルートは非常にいい会社だ。競合としても、いい相手だと思っている。スポーツと同じように、いいライバルがいれば、うまくなる。
 
 お互い切磋琢磨して成長すればいい。競合との比較について明言は避けたいが、1つ明確にあるのが、過去のビジネスの歴史をひもといてみても、あるものを守りつつ成長するというのは非常に難しい。グルーポンは紙媒体を保有しておらず、ネットサービスという1つの方向に邁進できるので、それがリクルートと比べた強みになっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT