栄光ホールディングスの株主総会は会社提案のみ可決。注目が集まる筆頭株主・進学会の今後


 
 株主総会の後、進学会は14時30分からグランドパレス内で会見を開き、「議決権行使に関して不備がある」として会社法311条4項に定められている、議決権行使書面の閲覧請求を行ったと説明。

進学会側の説明によれば、会社提案については賛成の意思表示は拍手を求めたのに対し、反対の意思表示の場合は起立と記名を要求。「そのような措置は必要なかったのではないか」と平井睦雄会長は説明した。

また、栄光側から指摘されている、利益供与や強圧的な言動については「まったくのでたらめ」と全面否定をし、返す刀で「栄光に対して法的措置も検討する」と話した。なお、今後、栄光株を売却するのか、買い増すのかについては「現段階では話せない」と明らかにしなかった。

一方の栄光も15時30分からグランドパレス内で会見を開いた。会見の場には近藤好紀社長(写真左)と関田美三男副社長、是枝正隆取締役といった従来の栄光の経営陣に加え、新たに増進会から選任された、秋山哲治取締役と佐藤紀史夫取締役も出席した。

会見の場では進学会との提携解消について質問が集中した。近藤社長は「進学会から、含み損の補填に関する要求があった」ことを認めた。近藤社長の指す、「含み損の補填」とは進学会の栄光株取得にかかわる含み損のことを指している。当時425円であった栄光株を650円で進学会が取得。足もとは480円前後であることから、含み損は10億円以上にものぼるとみられている。

両者の売上高規模を比べれば、栄光が400億円以上である一方、進学会が80億円にも満たない。にもかかわらず進学会が約29%もの栄光株保有に至ったのは、栄光の創業者である北山雅史氏の保有する株を「佐鳴予備校」などを展開する「さなる」が取得。栄光の支配権獲得に向けて、さらなる買い増しをもくろむ「さなる」に対してホワイトナイトの要請を受け、「進学会」がさなるから栄光株を引き受けた経緯がある。

進学会側の思惑は、栄光とZ会によって達成されずに終わったが、依然、29%を持つ筆頭株主であることには変わりない。今後、進学会が栄光株を買い増すのか手放すのか。その挙動に注目が集まる。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT