採算割れ運賃が促す、海運業界の大リストラ

拡大
縮小


日本郵船も同じく解撤や停船などで運賃下落に対抗。フィリピンでは船員を下船させる停船も検討している。また、川崎汽船は7月に香港の資源エネルギー商社大手ノーブル・グループと合弁会社を設立。相互に貨物を融通することで稼働率を高める算段だ。

ケープサイズ船の大量竣工は12年で一巡し、13年は約120隻、14年は数十隻に急減する見込みだ。中国の鉄鉱石輸入量も増加すれば、運賃は上昇に転じるだろう。ただ、13年3月期の想定運賃は商船三井と日本郵船が1万7000ドル、川崎汽船は1万8750ドル。もともと貨物船部門は赤字想定だが、3000ドル台に沈んだ運賃の復調には、もう一段の取り組みが求められそうだ。

◆日本郵船の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


◆商船三井の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(広瀬泰之 =週刊東洋経済2012年6月30日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。Photo:Danny Cornelissen
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT