出光と昭和シェル、「合併」で基本合意

株式の統合比率などは今後調整

 11月12日、出光興産(写真)と昭和シェル石油は、両社が合併方式により経営統合することで基本合意したと発表した。4日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 出光興産<5019.T>と昭和シェル石油<5002.T>は12日、両社が合併方式により経営統合することで基本合意したと発表した。

両社は今年7月末、経営統合に向けた協議を加速すると公表。2016年10月から17年4月までに統合会社発足を目指すとしている。

株式の統合比率などは今後詰める。出光は16年上期に英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>から昭和シェル株33.3%を予定通り取得する。

 

 

(浜田健太郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。