出光と昭和シェル、「合併」で基本合意

株式の統合比率などは今後調整

 11月12日、出光興産(写真)と昭和シェル石油は、両社が合併方式により経営統合することで基本合意したと発表した。4日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 出光興産<5019.T>と昭和シェル石油<5002.T>は12日、両社が合併方式により経営統合することで基本合意したと発表した。

両社は今年7月末、経営統合に向けた協議を加速すると公表。2016年10月から17年4月までに統合会社発足を目指すとしている。

株式の統合比率などは今後詰める。出光は16年上期に英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>から昭和シェル株33.3%を予定通り取得する。

 

 

(浜田健太郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT