出光と昭和シェル、「合併」で基本合意

株式の統合比率などは今後調整

 11月12日、出光興産(写真)と昭和シェル石油は、両社が合併方式により経営統合することで基本合意したと発表した。4日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 出光興産<5019.T>と昭和シェル石油<5002.T>は12日、両社が合併方式により経営統合することで基本合意したと発表した。

両社は今年7月末、経営統合に向けた協議を加速すると公表。2016年10月から17年4月までに統合会社発足を目指すとしている。

株式の統合比率などは今後詰める。出光は16年上期に英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>から昭和シェル株33.3%を予定通り取得する。

 

 

(浜田健太郎)

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。