アジアの興隆が続く保証はどこにもない--ブラーマ・チェラニー インド政策研究センター教授


今後も、アジア諸国のパワー力学は流動的な状態にとどまるだろう。たとえば、中国とインドと日本が戦略的な優位性を求めて立ち回っているが、日印間では戦略的な関係が深まり、日印と中国の間では競争が激化することを予想させる形で、3国の相互関係が変化している。

ただアジアが世界で最大の、最も人口が多い、最も高成長の大陸であるからといって、将来がアジアのものだとはいえない。規模は必ずしも利点ではない。アジアはもっと人が少ないほうが、人口規模と水・食糧・エネルギーなどの利用可能な天然資源のバランスがよくなる。

加えて、アジアはGDPの成長を強調しすぎて、成長以外の指標を無視するという過ちを犯してきた。この結果、アジアはより不平等となり、汚職が広がり、国内の不満は高まり、環境の悪化は深刻な問題となっている。さらに悪いことに、アジア諸国の多くは欧米の経済的な価値観を受け入れてきたが、その政治的な価値観を拒否している。

だから勘違いしてはいけない。欧州が直面している課題よりも、アジアの抱える課題のほうが深刻なのだ。中国は発展が必然であるというオーラを放っているが、緊急の課題を地域内に抱えたアジアが世界の成長を主導し、新たな世界秩序を形成することができるかどうかは、まったく不透明なのである。

Brahma Chellaney
インドの代表的な戦略研究家。1989年ジャワハルラル・ネルー大学で博士号取得(国際関係学)。ハーバード大学、ブルッキングス研究所などを経て現職。専門は安全保障と軍縮。近著に『水-アジアの新たな戦場(未邦訳)』。

(週刊東洋経済2012年5月26日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。撮影:今井康一
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング