アップル税優遇、EU判断は12月25日以降

アイルランド財務相

 11月11日、アイルランドのヌーナン財務相は、同国政府が米アップルと結んだ税をめぐる取り決めについて、欧州連合(EU)が判断を示すのは12月25日以降になる可能性があるとの見解を明らかにした。写真はアップルのロゴ、2日撮影(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ダブリン 11日 ロイター] - アイルランドのヌーナン財務相は11日、同国政府が米アップル<AAPL.O>と結んだ税をめぐる取り決めについて、欧州連合(EU)が判断を示すのは12月25日以降になる可能性があるとの見解を明らかにした。

ヌーナン財務相は9日、アップルに対する優遇税制が不公正な政府補助金に相当するかどうか、EUはクリスマス前に結論を下すとの見通しを示した。しかし10日には、おそらくクリスマス後になるとの情報を入手したと明らかにした。

またブルートン雇用・企業・技術革新相はツイッターで、アップルがアイルランド第2の都市コークで新たに1000人の新規雇用を計画していると明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。