アップル税優遇、EU判断は12月25日以降

アイルランド財務相

 11月11日、アイルランドのヌーナン財務相は、同国政府が米アップルと結んだ税をめぐる取り決めについて、欧州連合(EU)が判断を示すのは12月25日以降になる可能性があるとの見解を明らかにした。写真はアップルのロゴ、2日撮影(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ダブリン 11日 ロイター] - アイルランドのヌーナン財務相は11日、同国政府が米アップル<AAPL.O>と結んだ税をめぐる取り決めについて、欧州連合(EU)が判断を示すのは12月25日以降になる可能性があるとの見解を明らかにした。

ヌーナン財務相は9日、アップルに対する優遇税制が不公正な政府補助金に相当するかどうか、EUはクリスマス前に結論を下すとの見通しを示した。しかし10日には、おそらくクリスマス後になるとの情報を入手したと明らかにした。

またブルートン雇用・企業・技術革新相はツイッターで、アップルがアイルランド第2の都市コークで新たに1000人の新規雇用を計画していると明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT