最高幹部2人が離脱、混迷ミクシィの前途

冴えない業績、迫るFB

 

広告収入が落ちる理由の一つは、従来型携帯電話からスマートフォンへの移行に対応できていないため。もう一つは、ユーザー数の伸び悩みにある。パソコン経由の月間ログインユーザー数は11年6月にフェイスブックに抜かれた。携帯を含めた全体でも今年中に抜かれる見通しだ。

戦略ミスもある。10年3月に「招待制度」から「登録制度」に転換。11年6月には誰が自分のページにアクセスしたかがわかる「足あと機能」を実質的に取り払った。09年8月からはゲームなどのアプリサービスを順次導入してきたが、これにより、従来の“売り”だった日記を中心としたコミュニケーションが希薄化し、他社サービスとの立ち位置があいまいになった。

「フェイスブックは人と人をつなげることにこだわりを持ち、そのための機能をどんどん追加開発している。が、ミクシィはこの開発力が弱い。資金力と人的資源の差がありすぎる」と初期からミクシィをよく知るネット企業トップは指摘する。

かつてインターネットは、トップ企業がさらに強くなる業界といわれていた。が、AOL、米国ヤフーなど滑り落ちた企業は少なくない。とりわけSNSは、ユーザーが増えれば増えるほどその利用価値が高まるはずだった。が、かつて世界一だったマイスペースは見る影もなく、昨年7月にはニューズ・コーポレーションが6年前に買った価格の16分の1で同社を手放した。

つい最近までイケイケだったグリー、DeNAも、コンプガチャ規制で岐路に立つ。技術革新が早く、新しいサービスやビジネスモデルが次々現れるネット業界において、現在の勝ち組であるグーグルやフェイスブックも安泰ではありえない。

“両腕”を失った笠原社長。ミクシィを成長軌道に戻すことができなければ、うわさは現実となってもおかしくない。

ミクシィの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(本誌:二階堂遼馬 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2012年5月26日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング